ホーム » 食育情報BOX » 食育活動団体 » 食育推進自治体

アーカイブ

食育推進自治体

福井県 小浜市

食育都市「御食国若狭おばま」を目指して

人は、生まれ育った土地や環境と密接な繋がりを持っています。
その土地で生産されたものを食することが最も身体に良いという「身土不二」の考え方や「地産地消」の観点から、
小浜市では、幼児からお年寄りの方まで、生涯に渡って食や食生活の大切さを食の教育(すなわち「食育」)を通じて学べるよう、
食育事業に力を入れています。
昨年4月には、全国で初めて、食育職を設け、食のまちづくりを担当する食のまちづくり課に専門職員を配置しました。
取組としては、食文化館、幼稚園・保育園、学校、公民館、健康管理センター等において、
ライフステージにあわせた食育事業を展開しています。
学校給食での地場産野菜の利用はもとより、体験学習、そして、成人向けの各種料理教室、
一人暮らしのお年寄りのための料理講習会等、各種事業を展開しています。
さらに、平成14年度からは、「食のまちづくり条例」に基づき、また、「小浜市第4次総合計画」の目指す将来像
「心やすらぐ美食の郷・御食国おばま」の実現の観点から、市民が地元の食材を楽しく料理し、おいしく食べ、
健康で豊かな生活ができるよう、ライフステージにあった、きめ細やかな健康づくりに関する取組を各種実施しています。