ホーム » 食育情報BOX » 体験・見学施設情報 » 御食国若狭おばま食文化館

アーカイブ

御食国若狭おばま食文化館

 

御食国若狭おばま食文化館

 

おばま食文化館 背負い

 

食文化館の施設目的

「御食国(みけつくに)」とは、古来、朝廷に「御贄(みにえ)」(「御食(みけ)」(天皇の御食料を指す)を納めた国のことです。
万葉集においては、伊勢・志摩・淡路などが御食国として詠われるとともに、若狭については、平安時代に編集された『延喜式』に、
天皇の御食料である「御贄」を納める国として、志摩などと共に記されています。
また、奈良時代の平城京跡から出土した木簡の中に「御贄」を送る際につけた荷札が発見されていることなどからも、
御食国であったことがうかがい知れます。
若狭は、古くから塩や海産物などを納める御食国として、歴史的に重要な役割を果たしてきました。

若狭おばま(小浜市)は、今も昔も、豊穣な森が生み出す水、美しい自然が育む豊富な海の幸、山の幸に恵まれた水と魚や野菜の一番うまいまちであります。
小浜市では、全国に誇れるこの食の歴史と食材に光をあて、「食のまちづくり条例」を策定し、「食のまちづくり」を開始したところであります。
具体的には狭い意味での「食」ではなく、食材にこだわった農林漁業の振興、食文化を支える食品産業や箸産業の育成、
味にこだわる民宿や観光産業の振興、食料の地域自給、健康への貢献、食を育む森と水・川・海などの環境保全、
食を作る体験学習を通じた児童教育、広範な分野にわたり「食のまちづくり」を推進しているところです。
そして、市民や事業者、観光される皆さんが主体的に食のまちづくりに参画し、互いに理解しあい、協働してまちづくりを進めていければと考えています。

御食国若狭おばま食文化館
〒917-0081 福井県小浜市川崎3丁目4番
TEL : 0770-53-1000 FAX : 0770-53-1036
mermaid@city.obama.lg.jp